まずはこちらの映像をご覧いただきARを体験してください。

お分かりになったと思いますが、弊社が提供していますスマフォARアプリCOCOAR2とはスマフォで簡単に使えるARアプリです。チラシやパンフレットなどに動画を埋め込んだり、実際そこにはない映像を写し出すことができます。「COCOAR2〜ココアル2」は見る方が簡単に無料でダウンロードいただけます。

つまり機能をまとめるとこういうことです!

パンフレットやチラシなど主に紙媒体に動画を埋め込むことができる。

風景や路上看板などに写真や動画を埋め込むことができる

2

スマフォアプリでダウンロード無料のCOCOAR2

簡単にWEBページにリンクすることができる。

動画再生してくれたユーザー様へプッシュ通知を送ることができる。

1
3

こんなに簡単で多機能なARを使うためにはどうすればいいのでしょうか?ARには様々なケースがあり、合わせて準備いただくものがあります。ここではそのケースに合わせて準備するものをご紹介します。

ケース1、パンフレットに動画を埋め込む場合

パンフレット内のお好きなスペースに動画を埋め込むことができます。例えば上部の「COMPANY」と書いてある写真にスマフォアプリ「COCOAR2」をかざすと、詳しい企業情報が動画でパンフレットに張り付くイメージです。

ご利用者が準備するもの

1,埋め込みたい部分の写真データ

  • スマフォ撮影可能
  • 「jpg」もしくは「png」形式
  • ファイルサイズ10MBまで
  • 一辺の長さが480px以上×1920px以内

 

,再生させたい動画

    • ファイルサイズ50MBまで(※20MBを超えますと動作が遅くなる可能性がございます)。
    • ファイル形式は問いません。(※推奨は「mp4」「MOV」「AVI」「WMV」)

ケース2、風景に動画もしくは静止画を埋め込む場合

一定の風景や看板などの構造物にもARは適用できます。例として城跡にかざすと実際には存在しない擬似的なお城を見せる、観光用の資料看板にかざすとキャラクターが出て来て翻訳してくれる...など、演出案は様々です。

ご利用者が準備するもの

  1. 埋め込みたい部分の写真データ
    • スマフォ撮影可能
    • 「jpg」もしくは「png」形式
    • ファイルサイズ10MBまで
    • 一辺の長さが480px以上×1920px以内

  2. 再生させたい動画(静止画)
    • ファイルサイズ20MBまで
    • 「mp4」形式(静止画の場合「jpg」もしくは「png」形式)

もうお分かりになったでしょう。ARにに必要なものは2つ。1つ目は「マーカー」と呼ばれる被写体となる写真データが必要です。マーカーはスマフォで撮影した写真で構いません。2つ目はマーカーにアプリをかざした時に出す「コンテンツ」と呼ばれる動画や静止画も必要です。コンテンツには容量制限があります。

スマフォでアプリを入手

MENU
2
1
3

リンクからアプリを入手(無料)